NFTとは? 2022年最新版 徹底解説!

NFT

最近、SNSやメディアで話題のNFT。
海外のNFTアートが数十億円で落札された!などのニュースで注目されています。

最近良く聞くけど、NFTってそもそも何なの?何がすごいのかよくわからん!という人も多いはず。
とはいえ、”よくわからない”からという理由で敬遠してしまうのは、非常にもったいないです!

本記事では、

☑NFTとは?何がすごいの?
☑NFTが注目される理由
☑NFTのメリット、デメリットは?

この辺りを中心に、分かりやすく解説します。

NFTの始め方、購入方法が知りたい!という方は、コチラの記事をチェック↓

NFTとは?専門用語無しでわかりやすく解説


2022年現在、NFTは”デジタルアート”を中心に売買されており、稀に高額取引が話題になったりしますが、”デジタルデータそのもの”に金銭的価値が付くという事がイメージできない人も多いはず。
まずは、”NFTの価値”のイメージを掴んで頂きましょう!

例えば、見た目や質感が全く同じダヴィンチのモナリザの絵が2枚あった場合、
素材が同じで、見た目も全く見分けがつかないほど同じなら価値は同じはず。



しかし、どちらがダヴィンチ本人が描いた本物か分かっていたら、価値は雲泥の差ですよね。

このような形で、”これがオリジナルです”という証明を付与したデジタルデータが、NFTというわけです。

精巧な絵画のレプリカは、素人には判別できません。

しかし、それを”誰の目にも明らか”にすることができるようになったわけです。

これは、ブロックチェーン技術という新しいテクノロジーによって可能になりました。

「NFTを誰が作って、誰が買って、今誰が持っているか」という全ての情報がブロックチェーン上に刻み込まれ、これは誰にも改ざんできません。

この”ブロックチェーン上の記録”こそが、本物の証明書となるわけです。

そのため、ただ右クリックでコピーして保存したデータとは明確に違います。

コピーしたデータを誰かがNFT化したとしても、ブロックチェーン上に刻まれている記録が全くの別物のため、本物のオリジナルと偽物を明確に見分けることができます。

※ブロックチェーンについては後述します。

NFTの定義、意味とは?

まずは、NFTの定義・意味をしっかり抑えておきましょう。基本を抑えることで記事内容をスムーズに理解できます!

NFTとは、「Non Fungible Token(ノン ファンジブル トークン)」の頭文字を取ったもので、日本語で「非代替性トークン」という意味です。

非代替性 =「替えが効かない、唯一無二の」という意味。
つまり、NFTとは「替えが効かない」トークンということです。

トークン / ブロックチェーンとは?

トークンとは、ブロックチェーン技術を使用して発行した「暗号資産」の総称。

暗号資産とは、ブロックチェーンを介したデジタル資産のこと。NFTも仮想通貨もブロックチェーンを介して発行しているため、広義では「トークン」と呼ばれています。


初心者の猫
初心者の猫

ブロックチェーン技術って何?

 ブロックチェーン技術は簡単に言うと、データの改ざんや不正利用が非常に困難で「安全にデータを管理できる技術」のことだよ。

筆者
筆者
初心者の猫
初心者の猫

なるほど。要するに、データを誤魔化せないようにする技術ってことだね!


ブロックチェーンには、全ての取引情報が記録され、多数の参加者が皆でデータを監視し合う仕組みがあることで、不正や改ざんを防ぐことができるのです。

以上の点をまとめると、NFTとは、

「替えが効かない唯一無二であること」を「ブロックチェーン技術を利用して証明」する技術ということになります。

では、NFTはなぜ注目されているのでしょうか。気になる理由を見ていきましょう!

NFTが今注目される理由とは?

NFTが注目される理由は、主に以下の3つです。

☑デジタルデータの所有者を明確に証明できる
☑”数に限りがある”という希少性を担保できる
☑投資対象としても注目されている

投資をしたい人だけでなく、アートやグッズなどを集めたいというコレクター気質の人も必見です!

デジタルデータの所有者を明確に証明できる

NFTが注目される大きな理由のひとつが、「デジタルデータそのものの所有者を明確に証明できる」ということ。

従来は、

■デジタルのイラスト
■音楽
■ゲーム内のアイテム
■映像作品

これらの”所有者”を明確にするのが困難でした。
著作権は存在するものの、「自分がこのデータを所有している」という証明はできず、コピーとの違いを明確にできなかったのです。

そもそもデジタルデータ自体は無限に複製可能であり、それそのものに金銭的価値はありませんでした。

データに関する金銭のやりとりは”データの利用権をお金で買う”という認識が一般的で、”データそのものをお金で買う”という考え方ではなかったんです。

筆者
筆者

しかしNFTの登場によって、その認識を変えつつあります。

例えばあなたが、デジタルアートを作ったとします。そして、そのデジタルアートをNFT化すると、あなたが保有している唯一無二のデジタルアートであることが証明できるようになります。そのため、NFT化されたデジタルアートは「NFTアート」と称されています。

そのNFTアートを右クリックしてコピーや保存することはできても、あなたがNFTとして発行した”オリジナル”とは明確に違うわけです。

デジタルにおいて「この作品は自分が所有している!」という感覚は非常に新鮮で、世界中のコレクターの「収集欲」を掻き立てているのです!

この特別感が、NFT市場を盛り上げている要因のひとつでもあります。

”数に限りがある”という希少性を担保できるから

人は皆、「希少性の高いモノ」に大きな価値を感じます。例えば、

■金や銀などの貴金属
■ハイブランドの服や鞄
■世界で1000本限定の高級時計
■世界に100枚しかない遊戯王カード
■著名な画家の世界に1枚の絵画

これらは全て、数に限りがあったり、中々手に入らないなどの”希少性”を有しています。

今までは無限に複製できたデジタルデータに対して、これらのような”希少性”をNFTによって付与できる事が価値に繋がる大きな要因になっています。

「所有者の明確化」をすると同時に「希少性の担保」もできる。これがNTFが注目される第2の要因です。

投資対象としても注目されている

3つ目の理由は、「◯億円、◯千万円」など高額取引されるNFTアートが登場し、投資対象として注目されているからです。

高額販売された作品例

※カッコ内の価格は、落札当時のものです。

「Cryptopunk #5822」取引額:8,000 ETH(約29.2億円)

NFTの歴史上、最初期に発表されたNFTコレクション”CryptoPanks”
総数1万点限定のドット絵アートで、一つ一つデザインが違うというNFT。
その中でも最高額で取引されたのが、「Cryptopunk #5822」
取引額は何と約29.2億円!

「Alternate dimension 幻想絢爛」取引額:69.697ETH(約1,300万円)

日本のVRアーティスト、せきぐちあいみ氏のVRアート”Alternate dimension 幻想絢爛”
取引額は約1300万円と、日本国内のNFTアートとしては最高額での落札となりました。

「Everydays – The First 5000 Days 」取引額:38474.82 ETH(約75億円)

アメリカのデジタルアーティストBeeple氏が、”Everydays”プロジェクトで13年半(5000日)の間毎日描き続けた作品を集めたもの。
取引額はなんと、約75億円!現在、NFT史上最高額となっています。

「ジャック・ドーシーの初ツイート」 取引額:291万5835ドル(約3億1640万円) 

Twitter創業者ジャック・ドーシー氏の、”世界初のツイート”が、約3億円で落札されました。NFT=アート作品というイメージが強いですが、ツイートやドメインなどもNFT化することができます。

上記のような、超高額で取引されるNFTは極一部です。
しかしこれらのニュースが話題になることで、NFTの金銭的価値の部分にも注目が集まりました。

ETHって何?

ETHとは、仮想通貨のイーサリアムのこと。

NFT取引には、OpenSeaなどのマーケットプレイス上で仮想通貨を中心に取引が行われています。

その中でも最も取引量が多い通貨がETH(イーサリアム)というわけです。

これからNFT取引・販売をはじめたい!という人は、仮想通貨取引所の口座開設をしておきましょう。

仮想通貨取引所は、初心者でも使いやすいコインチェックがおすすめです!

【最短5分】無料でコインチェック口座をつくる

・コインチェックの特徴はコチラ!

☑暗号資産アプリとしてのダウンロード数415万突破
☑シンプルで初心者でも使いやすい
☑最低取引金額は円建てで500円から

コインチェック

更に、今なら本人確認&日本円入金するだけで、1500円分のビットコインが貰える!(9/30まで)
今のうちに、貰えるものはもらっておきましょう!

【最短5分】無料でコインチェック口座をつくる

コインチェックの口座開設から日本円入金までの詳しい手順は、こちらの記事にて詳しく解説しています。

全ての手順を一つ一つ画像付きで解説しているので、完全初心者の方にもわかりやすくなっています。

【最短5分】無料でコインチェック口座をつくる

NFTは”転売”が可能

そしてNFTの大きな特徴として挙げられるのが、”転売ができる”という点。
クリエイターが作品を出品(一次販売)したものを買って、金額を上乗せして第三者に売る(二次販売)ことで、利益を上げることができます。

こういった側面が、NFTが投資対象として注目される要因となっています。
しかし”転売”と聞くと悪いイメージを持ってしまいがちですが、NFTの世界では違います。

それはどういう事なのでしょうか?次の項目で、詳しい内容を見ていきましょう!

NFTのメリットとは?

では、NFTのメリットはどんな所なのか?早速見ていきましょう!
ここまでの内容で、

☑デジタルデータの所有者を明確に証明できる
☑デジタルデータに”数に限りがある”という希少性を担保できる

これらついての解説がありましたが、これらはまさに”NFTのメリット”でもあるわけです。
更に、NFTのメリットは他にもあります。

☑”転売した利益”が作者にも分配される
誰でも作品を世界に向けて販売できる

この2点について解説していきます。

”転売した利益”が作者にも分配される

まず、”NFTは転売ができる”という点について解説します。
転売=悪というイメージを持っている人も多いはずですが、それは無理もないと思います。

SwitchやPS5などの人気商品やアーティストのライブチケットなどを買い占め、法外な値段での転売。さらには、コロナ禍を利用したマスク転売など倫理的に問題視されるような転売もニュースになりました。

これらの問題には色々な側面がありますが、”アーティストやクリエイター、メーカーには一切還元されない”という部分が根幹にあると思います。

そこを解決するのが、NFTなのです!

☑NFTを発行する時、「二次販売された際、クリエイターに売上の〇〇%を分配する」という設定ができる”Creator Fee”という項目があります。
☑これによって、「発行したNFTが転売される度に、売上の一部が収益として作者に入り続ける」ということになります。

※取引手数料2.5%はOpenSeaの場合です。プラットフォームによって手数料は違います。

ブロックチェーンによって、「NFTを誰が作り、誰が買い、その後誰に渡ったか」を全て追跡できるため、それが可能になりました。
この仕組みのおかげで、アーティスト・クリエイターにとって転売=悪ではなく、むしろ転売されればされるほどリターンがあるという状態となるのです。

誰でも作品を世界に向けて販売できる

これまでの時代、クリエイターは自分の作品を発信するために様々なハードルを乗り越える必要がありました。

例えば、作曲家であればレコード会社などに、漫画家であれば出版社に作品を持ち込み、様々な関門を通過してはじめて作品を世に出すことができます。

YouTubeやSNSなどで自分で作品を発信することはできますが、そこからマネタイズするのはクリエイターにとって非常に難しかったのです。

しかし、NFTであればOpenSeaなどのNFTマーケットプレイスに出品するだけで、世界に向けて自分の作品を販売することが出来ます。

これは、様々な要因で報われなかったクリエイター達を救う大きなメリットなのです。

NFTの課題点とデメリット

ここまで、NFTの輝かしい側面について紹介してきましたが、問題点もあります。
主な問題点は、以下の3点。

☑ガス代(取引手数料)が不安定
☑法整備が整っていない
☑詐欺が横行している

この3点について解説します!

ガス代(取引手数料)が不安定

NFTのやりとりは主に”イーサリアム”というブロックチェーン上で行われ、取引通貨はイーサ(ETH)が最も使われています。

そして、NFTを売買する際には「ガス代」と呼ばれる取引手数料がかかります。

イーサリアム上で取引情報を処理するための燃料のようなもので、
それゆえに”ガス代”と呼ばれています。
☑銀行の送金手数料のようなものですが、金額はそれの数倍~数十倍かかるのが現状です。

ガス代はイーサリアム上の取引が増えれば高騰し、減れば安くなります。つまり、需要によって手数料が大きく変化してしまう可能性があるということ。この「手数料の不安定さ」がNFT取引のネックになっています。

※ただし、イーサリアムはこのガス代高騰に対処するために、ブロックチェーンの仕組みを改善しようと努めています。今後は徐々に改善されていくでしょう。

法整備が整っていない

NFTはまだ歴史が浅いため、法整備が整っていません。
NFTの取引は仮想通貨によって行われています。
仮想通貨での収益に対する税制も、日本ではまだ整っていません。

この税制面に関しても、今後どのように法整備が進むかによって、NFTクリエイターや投資家は今後を大きく左右される可能性があります。

詐欺が横行している

NFTは、2017年に始まったばかり。まだまだ黎明期の段階です。
前項で説明した通り、NFT自体の法的な扱いが定まっていないため、NFTに関する詐欺をしたとしても法律違反にならない可能性があるのです。

また、「確実に大きな価値が存在するが、参加者の殆どが初心者」というのは、詐欺師にとっては絶好の狩り場といえます。

こうした、NFTを悪用した不正への法整備は今後の大きな課題となっています。

初心者の猫
初心者の猫

ブロックチェーンは、不正や改ざんが困難だったんじゃ・・・?

ブロックチェーン自体を改ざんはできないよ。でも詐欺師に騙されると、知らないうちにトークンを送付する許可を与えてしまう事があるんだ。そういう罠に引っかかってしまうと、資産を全て失うかもしれないんだよ!

筆者
筆者
初心者の猫
初心者の猫

ひぇぇえ・・・・

⚠公式アカウントなどを装って、TwitterやDiscordなどで詐欺サイトURLを送ってくる
⚠OpenSeaやMetamaskなど、NFT売買に必要不可欠なサービスの偽サイト

このようなサイトに不用意に接続したりすると、NFTや仮想通貨を詐欺師に奪われてしまうことがあります。
これらは現在、主な詐欺の手口となっていますが、初心者にとって見極めるのは困難です。
実際にこれらの手口でNFTや仮想通貨を奪われるケースがよくあり、問題視されています。

☑発信元やドメインをよく確認する
☑DMは基本的に詐欺。よくわからないURLは踏まない

この2点を気をつければ、大抵のNFT関連詐欺は防げます。
しかし、詐欺の手口も日々進化しており、ある程度の防衛知識を身に着けなければ、十分とはいえません。

詳細な詐欺の手口やそれらの対処法は、別記事にまとめて紹介します!

まとめ

☑NFTとは、唯一無二の非代替性トークン
☑ブロックチェーンによってデジタルデータの所有者を明確に証明できる
☑ブロックチェーンとは、データを誤魔化せないようにする技術
☑”数に限りがある”という希少性を担保できる
☑”転売された利益”が作者にも分配される
☑誰でも作品を世界に向けて販売できる、クリエイターを救う技術
☑ガス代(取引手数料)の高騰や法整備面、詐欺の横行など、まだまだ課題点が多い

今回は、NFTの基礎から「なぜ注目されているのか」、「メリットとデメリット」まで幅広く解説していきました。

NFTは理解が難しい分野でもありますが、自分が納得するまで読み返すと”役に立つ・利益に繋がる”知識になるはずです。

NFTを今から始めても遅いのでは?という声もありますが、全然そんな事はありません!
2021年から急激に話題になり、市場が飛躍的に成長はしたものの、まだまだ一般化していません。まだまだ黎明期です。

NFT市場はまだまだこれから伸びるのです。

今より速いタイミングは無いので、すぐに行動した方がいいでしょう!

もっと掘り下げた詳しい内容や、具体的な取引・出品の方法など、他の記事でわかりやすく解説していきますので、ぜひ見てください!

コツコツ知識を付けて、「あの時始めておけば・・・」と後悔することが無いよう、準備しておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました