NFT

NFT

【初心者向け】ハードウェアウォレットとは?「Ledger」の買い方・始め方

仮想通貨やNFTの市場は、日本でも徐々に盛り上がってきている反面、SNSなどで「詐欺に合い、NFTや仮想通貨を盗まれた」という声を耳にすることも増えてきました。僕自身も仮想通貨を使ってNFTを売買し、クリエイターとしてNFTアートを制作・販売もしていますが、詐欺のDMを送ってこられた事が何度もあります。最近、新規参入者が増えてきた傾向があるため、初心者を狙った詐欺なども増えてきています。このような状況の中、自分が所有するNFTや仮想通貨を守るための対策の一つとして利用されているのが「ハードウェアウォレット」です。ハードウェアウォレットを正しく使えば、詐欺に対する防御力を格段に上げることが出来ると言われています。当記事では、そんなハードウェアウォレットについて、買い方から始め方まで解説していきます。
NFT

【初心者向け】web3とは?概要をわかりやすく解説!

”web3”を一言で表すと、「ブロックチェーンを基盤とした非中央集権的なインターネットの時代」です。現代のインターネットは”Web2”と言われており、そこから新しい時代に進もうとしています。新しい時代がweb3というわけです。
NFT

”CryptoNinja”とは?今話題のNFTを徹底解説!

最近、”CryptoNinja”や”CNP”など、SNSなどでよく聞くようになりました。NFTを売り買いする人や興味のある人なら、一度は聞いたことがあるかもしれません。しかし、「名前は知ってるけどあまりよくわからない」という方も多いのではないでしょうか?CryptoNinjaとは、日本で最も人気のあるNFTコレクションの一つです。今回は、そんなCryptoNinjaについて徹底解説していきます。
NFT

オリジナル曲のデータが1曲2万円以上で売れた話

先日、僕が作曲した曲のデータが、1曲2万円強で5曲売れました。1曲のデータが2万円というと、信じられないと思うかもしれません。では、どうやって売ったのか?それは、NFTとして音楽を売ったんです。要するに、NFT化したオリジナル楽曲が1曲2万円で売れたという話。売上はイーサリアム(ETH)で、2022年7月の相場で1曲0.1ETH(約2万円強)で売れており、Total Volume(総取引量)が0.5ETH(約10万円強)となっています。
NFT

NFTの出品、販売方法を徹底解説!

NFT販売の5ステップは、1.NFTアート作品を制作する 2.仮想通貨取引所のアカウントを作成し、イーサリアム(ETH)を購入 3.仮想通貨ウォレット(メタマスク)を作成し、イーサリアムをウォレットに入金 4.OpenSeaに登録し、初期設定をする 5.OpenSeaで作品をミント(NFTを生成)して販売。これらについて徹底解説していきます。
NFT

NFTの始め方とは?購入・販売までの手順を徹底解説!

NFT取引の始め方6ステップはこちら。1.仮想通貨(暗号資産)取引所で口座を開設する 2.取引所でイーサリアム(ETH)を購入 3.仮想通貨ウォレットを作成 4.取引所からウォレットへイーサリアムを送金 5.OpenSeaへ登録 6.NFTを購入する これらについて詳しく解説していきます。
NFT

NFTとは? 2022年最新版 徹底解説!

NFTとは、「替えが効かない唯一無二であること」を「ブロックチェーン技術を利用して証明」する技術。「Non Fungible Token(ノン ファンジブル トークン)」の頭文字を取ったもので、日本語で「非代替性トークン」という意味です。
タイトルとURLをコピーしました